カテゴリー

社外品(NITTO)のオイルフィルターからオイル漏れ

なんかたまに、車にのっていてオイルが焼ける臭いがしたり、自宅の駐車場で雨の日の水たまりにオイルが浮いてることがあるなぁと思いながらも、気にせずにいた。
なんか地面が汚れてたのかな?くらいの気持ちで。

で、つい先日。
雨の日に出先の駐車場でも、自分の車が停車してる水たまりにオイルが浮いてるわけです。
これ絶対にオイル漏れてるだろ・・・と確信。
車種はシエンタで、自分が使っているシエンタのモデルはエンジンオイル周りのトラブルが多かったので、そこらが何か発生したのかな?と思ってディーラーにみてもらった。

すると「つい最近にオイル交換しましたか?」と聞かれた。
そういえば1ヶ月前にオートバックスでやったなぁと思い話を聞いてみると、オイルフィルターからオイルが漏れているとのこと。

オイルフィルターはもちろん適合のものを使ったし、オートバックスの作業ミスかよ・・・とか思いながら、オイル交換をしてもらったオートバックスにいって確認してもらいました。

で、確認してもらったところ、原因はわからないが、このオイルフィルターと全く同じ新品に交換しても、同じくオイル漏れが発生したとの報告。
要するに、作業ミスではなくて、このオイルフィルター自体の問題だったということ。

無料で別のオイルフィルターに交換してもらい、逆にその差額を返金してもらった。
プラス、減っていたオイルを無料で補充してもらった。
オートバックス側の責任じゃないのに、少し申し訳なかったくらい。

ちなみにシエンタに適合してたのにオイル漏れを起こしたフィルターはこちら。

NITTO ファーストグリッドオイルフィルタ T-18
T-18

社外品はこういうこともあるんだなぁという教訓。
でもまぁ今後も社外品使うけどね。
とりあえずNITTOは避けることにしてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)