カテゴリー
情報

ビックカメラのpaypay(ペイペイ)のキャンペーン効果が凄まじい件

ネット情報に詳しい人なら少し前から知っている、paypayのポイントバックキャンペーン
「100億あげちゃう」キャンペーン | PayPay株式会社

まずpaypayというのは、ソフトバンクが始めたQRコード決済のサービス。
アプリから自分のクレジットカードを登録すると、アプリで表示されたQRコードを読み込むことで、登録したクレカから決済ができる。
または銀行口座を登録して、口座からpaypayにチャージをして支払うこともできる。

これ自体はまぁ今だとsuicaとかでいいじゃんってなるんだけど、ソフトバンクらしくとんでもないキャンペーンを仕掛けてきた。
それが前述した、100億あげちゃうキャンペーン。
このキャンペーンを簡単に紹介すると

1.最低でも必ず支払いの20%をpaypayのポイントとしてポイントバック(ポイントバック上限累計5万円)
2.最高で1/10の確率で支払いの100%、全額をポイントバック(1とは別でポイントバック上限累計10万円)
(どちらも100億円ポイントバック達成時、もしくは2019/3末までで終了)

という内容。

さらに大手家電店のビックカメラも導入したことにより

・購入時にビックカメラポイント、もしくは楽天ポイントも付与される
・paypayでの支払いをクレカにすると、クレカのポイントも貯まる

という、ポイントバック系のかなり規模が大きいイベントとなっている。

ビックは平均10%のポイントバックがついてるし、楽天もキャンペーンにエントリーすれば8%くらいになる。

なので、言い換えると、今ビックカメラでpaypayで買い物すると、最低でも約30%のポイントバックが確約できて、運がよければ100%ポイントバックされるという状態になっている。

この規模のポイントバックキャンペーンは本当に珍しいので、平日の夜にも関わらず、すごい数の客がレジに並んでいた。
うちらもこのチャンスに、値引きがほとんどないことで知られているmac製品を買いに行った。
ipad proとペンシルを買って、約13万ほど。
残念ながら全額ポイントバックはハズレたが、それでも合計で3万円ほどのポイントはもらえて満足。

しかし、あの混雑具合をみると、この週末はやばいことになりそう。
ちなみに大型家電店としては、他にもジョーシン、ヤマダ電機、コジマ、ベスト電機、エディオンでも使えるらしいんだけど、初期に使えると公表してたのがビックカメラだから、ネットでは皆ビックカメラに押しかけてるみたい。
最初にpaypayが使えると印象つけたという意味では、ビックカメラは大きな流れを掴んだなぁと感じた。

ちなみにビックカメラ以外で使いやすいのは、ファミリーマート。
一括でドカンというキャッシュバックは無いけど、ランチとかで使いやすいコンビニで手軽に20%ポイントバックが狙えるのはありがたいと思う。
運が良ければ全額ポイントバックだしね、コンビニとか小出しで会計できるところは狙いやすそう。

というわけで、この年末商戦で何か大きな家電とか買い物しようとしてる人がいたら、早めにこのキャンペーンに乗っかっておくとオトクですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)