カテゴリー
IT

Amazon EchoはRM Mini 3を使って家電音声リモコン化することで超便利になった

ガジェット好きで買ったスマートスピーカーのAmazon Echoだけど、音楽再生とタイマーくらいしかやることがなかった。
この状態では正直、iPhoneのhey siriとほぼ変わらない。

やっぱりテレビの電源つけたり家電と連携させてこそスマートスピーカーの本領発揮でしょ!
ということでIoT化させてみたら、とても便利になった。

具体的には、音声の命令ひとつで様々なリモコン操作ができるようになって、それがとても気持ち良い。
例えば「アクセラ、電気つけて」と命令をすると、照明+テレビ+エアコン+空気清浄機を同時にオンにすることもできるようになる。
「電気を消して」といえば、それらがすべてオフになるような設定も。

ここらの家電を同時にオンオフを操作する手段はほぼなかったと思うし、使ってみると想像以上に便利。
両手いっぱいに荷物を持って部屋に帰り、真っ暗な部屋の中で「電気つけて」といえばすべてがオンになる。
荷物を置いて、手を洗って、リモコンをひとつづつ持ってオンにするという必要がなくなるわけです。
便利。

必要なものは


・Amazon Echo 4000円


・RM Mini 3 1500円くらい ( GearBest ) ( AliExpress )
・余っているAndroid端末(5.0以上)
(もし5以上の端末がない場合は4以下+常時起動させるPCでも可能)

手順はこちらのサイト。
AlexaでBroadlink RMシリーズを制御 – Yahoo!ブログ
※追記 ヤフーブログが消えるらしいので魚拓追加
【魚拓】②システム構成 ( その他コンピュータ ) – AlexaでBroadlink RMシリーズを制御 – Yahoo!ブログ
【魚拓】③アプリの準備 ( その他コンピュータ ) – AlexaでBroadlink RMシリーズを制御 – Yahoo!ブログ
→termuxとe-controlが最新版ではAndroid5に対応していなかったので、5に対応したバージョンのapkを直接インストール。2017/12辺りのバージョン。
【魚拓】④RM-BridgeでRMを操作 ( その他コンピュータ ) – AlexaでBroadlink RMシリーズを制御 – Yahoo!ブログ
【魚拓】⑤Node-REDの設定 ( その他コンピュータ ) – AlexaでBroadlink RMシリーズを制御 – Yahoo!ブログ
【魚拓】⑥Node-REDで制御フローを作成 ( その他コンピュータ ) – AlexaでBroadlink RMシリーズを制御 – Yahoo!ブログ

やり方は上記サイトで完結してるので、この記事では簡単な仕組みを解説。
付け足しとしては、RM Bridgeを動かすAndroid端末のIPは固定しておいた方が良い。
ここらを参考

RM Mini 3で出来ること

すごく簡潔にいうと「赤外線リモコンの信号を記録して、その信号を命令に従って飛ばす装置」です。

本来のRM Miniの動きは、専用のスマホアプリを経由して外出先からエアコンをつけるとかそういう使い方ができる。

でも今回は、Alexaの命令を受けて信号を飛ばすという使い方になる。

リモコンの学習に関しては、外部のウェブサイトを使って、Rm Mini内にリモコン動作を学習させる。
これを学習させると、HTTPリクエストでリモコン動作を実行させることができるようになるので、後述のNode-Redを経由してRm MiniへHTTPリクエストを送信することで、リモコン動作を実行させる形となる。

Echo、Node-Red、Rm Miniを組み合わせて命令の伝達を行う

しかし現状ではEchoとRm Miniを直結する仕組みが存在しない。

そこでEchoとRm Miniで共通して接続が行えるNode-Redをハブにして、EchoからRm Miniまで命令を飛ばしてリモコン動作を行う。

イメージとしてはこんな感じ。

Node-Redで出来ること

ある意味、今回最も重要なポイントが、このNode-Red。
簡潔に言うと、Echoでの命令をRm miniのリモコン動作に変換してくれるハブ役。

命令の名前を設定

「電気つけて」とか「テレビつけて」とかの命令文を外部サーバのNode-Redで設定。

命令のアクションを設定

家庭LAN内のNode-Red側で命令とアクション(リモコン操作)を設定する。

この図は見た目そのままで、命令を実行するとswitchを経由してHTTPリクエストでリモコン動作を実行するという形になっている。
一番下の様にスイッチを複数条件紐付けることで、同時に家電へリモコン操作ができるようになる。

ちなみに外出先からエアコンON等の家電操作もできる

本来、海外から購入したRm Mini 3はデフォルトのe-controlアプリを日本語で使おうとすると、デフォルトでは使えない。

しかしこのIoT化をする上でアレクサにスマートホームとして認識させると、アレクサアプリから各動作のオンオフができるので、外出先からの操作も可能となる。

ちなみに個人的にはクーラーは夏の間はつけっぱだし、暖房は家帰って色々と締め切ってからつけたい派なので、あまり使わない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)