カテゴリー
バイク

初めてのタンデムとビックスクーター(バイク5回目)

今回のメインイベント。
それは「彼女とバイクをタンデムする」という、人生でやりたかったことの1つを達成することでした。

彼女は前からビッグスクーターの後ろに乗ってみたいと言ってたので、初めてのタンデムはビッグスクーターをレンタルすることに。

ip_2016-08-25-16-58-53

ビッグスクーターはフォルツァZをレンタルしました。
関連: フォルツァZ(ビッグスクーター)の感想 | hycko.blog

というわけで、今回は初めてのタンデム走行の感想をメインに書いてみます。

ひたすら怖かった

もうとにかく、事故ったら色々と終わるというプレッシャーが強くて、運転開始後の10分くらいは本当に文字通りに心臓がバクバクしてた。

取り回しは基本的に同じなんだけど、荷重が一人分増えるため、1つ1つのアクションに違いが出て来る。

発進・停止時のフラつきはやっぱり大きくなるし、ブレーキの効きも鈍くなる。
左右でバランス崩したら、恐らく簡単に立ちごけしてしまうんじゃないかと思う。

で、ここらの不安って同乗者にも伝わる様で、彼女もしばらくは楽しさよりも不安だったと後に言ってました。

片道60分ほどのドライブをしてきたんだけど、帰りはある程度は慣れて運転にも余裕ができて、そこらから彼女も楽しくなってきたそうです。

ちなみに熊谷のスミレ食堂まで油そばを食べに行ってきた。
スミレ食堂 – 熊谷/つけ麺 [食べログ]

ip_2016-08-25-21-09-14

でもまぁバイクって緊張感をいつまで持てるかというのが事故防止にもなると思うので、緊張感は今後もなくさないようにしたい。

インカムは必要なかった

タンデムをしてると会話ができないというのを見かけてたので、会話用にインカム買うか迷ってたけど、信号待ちとかで停止してる時はヘルメット越しでも会話が余裕でできたので、特にいらないなぁと思った。

走行中に話せないくらいなら、逆にその間の沈黙も風景とか楽しむために乙な要素な気がするので、いいかなと。

やっぱりタンデムにはビッグスクーターがよかった

特に収納スペース的な意味で、ビッグスクーターはタンデムで便利だなと思った。
ヘルメットが2個収納もできるから常にタンデム用にヘルメットを入れっぱなしにもできるし、二人で買い物にいって荷物をそこに収納して帰ることもできる。

ビッグスクーターは実用的な車として使えるなぁと感心しました。

ビッグスクーターに慣れるため秩父までソロツーリング

タンデムをしたのは、交通量が少ない平日の夜。
帰ってきて、ビッグスクーターにまだまだ慣れてないなぁと感じたので、次の日に秩父までソロツーリングしてきました。
秩父の南側から入って長瀞を抜けて帰ってくるルート。

かき氷とか食べてきました。

ip_2016-08-26-14-09-58

ビッグスクーターの感想にも書いたけど、運転が楽だから景色とか風を楽しむことができて、これはこれで楽しかった。
シートも快適だからお尻も痛くなりづらかったしね。

でもやっぱMT車の方が運転してて楽しいかな?
またタンデムメインのドライブを計画する時は、ビッグスクーターをレンタルしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)