カテゴリー
情報

家のWi-FiでiPhoneなどスマホからGoogleの検索結果が表示されない時の解決方法

家での無線LANWi-Fi接続時のみ、たまにGoogleの検索結果のページが404で表示されない時があった。
一時的にWi-Fiをオフにしてモバイル回線にすると表示されるので、問題は家のルーター(Aterm WR9500N)っぽい。

原因としては、ルーターのDNSサーバがダメっぽい?
(PCでは特にこの不具合がないので、スマホとルーターとの何かっぽい)

なので、Wi-Fi接続時のDNSをGoogleの無料パブリックDNSサービス「Google Public DNS」を使ってみたら、それ以降は問題なくなった。

アドレスは
8.8.8.8

8.8.4.4

■iPhoneでの設定方法
iPhone/iPad – WiFiネットワーク – DNSサーバの手動設定・変更する方法 – PC設定のカルマ

■Androidでの設定方法
Android端末のWiFi接続にGoogle Public DNSを設定する: 小粋空間

というわけで、何故か時々Googleの検索結果が表示されない時は、この設定をしてみてください。

ここからは少しだけ専門的な話。

外部のDNSサーバが安全なのか?という問題だけど、個人的にはGoogleなら大丈夫かな?と判断してる。
家庭用ルータがハッキングされてDNS書き換えられる可能性よりは、Googleのセキュリティの方が高いんじゃないかなぁと。

DNSの役割は、ウェブサイトのアドレス(URL)とサーバーのアドレス(IP)の紐付け。
例えばyahoo.co.jpのURLにアクセスすると、インターネットに接続されているサーバーコンピュータのIPアドレス(182.22.59.229 2018/5/22現在)に自動的に接続するということ。
このIPアドレスは定期的に変更される可能性があるけど、yahoo.co.jpに接続すれば、このサーバーコンピュータにいつでもアクセスができるという紐付けです。

例えば
http://www.yahoo.co.jp/
http://182.22.59.229/
どちらもYahooに接続ができる。(2018/5/22現在)

なのでフィッシング詐欺の対策で「URLをしっかりと確認するように!」とされてるけど、これはそもそもDNSが正常なものを使っているのが前提ということになる。

もしDNSがハッキングされると、yahoo.co.jpに接続してもフィッシング詐欺に使われているコンピュータのIPに接続する紐付けに書き換えることができ、その不正なコンピュータに個人情報を送ってしまうことになる。

というわけで、DNSのセキュリティは結構重要なんですね。
もっと重要視されるべき項目だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)