カテゴリー
情報

SONY TA-V55ESの音楽プレイヤーとしての音質が悪すぎる件・・・

※追記
設定を変更すれば、良い音を鳴らすそうです、失礼いたしました。
設定の詳細はコメント参照。

======================================================

以前に紹介した愛機がいよいよだめになってきたので、SONY TA-V55ESをアンプの後釜として
思い切って購入してみたわけです。

まぁ確かにAVアンプという時点で、プリメインアンプと比べたら用途が違うのは覚悟してたんだけど
それにしても音楽プレイヤーとして再生した時の音が悪すぎる・・・。

確かにテレビからの音声を再生する時は、なかなか臨場感のある良い音を鳴らしてくれている。
でも音楽プレイヤーから再生した時は、以前と比べてボーカルにもやがかかってしまっていて
クリアな高音が最高の贅沢と思っている自分にとっては、とても残念なわけです。

・・・まぁ今までが贅沢なアンプを使っていたということで、我慢するしかないか。

ちなみに保証付の中古として購入した割りには、初日から思いっきり不具合を発見しまくっていて
さらに凹んでいます。あーあ。

「SONY TA-V55ESの音楽プレイヤーとしての音質が悪すぎる件・・・」への3件の返信

使い方間違っていますね。SONYのAVを2CHオーディオアンプ
として使うにはFRONTのSPにLARGEを選択し、それ以外はOFF。
3バンドEQでMID 3.1khz周辺を+5dB以上に設定、Trebleは
逆に1.6kHzにし+1、Bassは500~560Hz +6.
サラウンドはWALL以外全て最小値に設定します。
見事に化けます。
複数アンプに同じ音声信号を分岐で送り、アンプの音を同時比較
した結果ですが、80年代の物量投入の黒いアンプ群では太刀打ち
できないほどの解像度・音の艶・メリハリでした。
SONYのAVのポテンシャルは素晴らしく、設定のコツさえ
つかめば、SANSUIの歴史的名機AU-9500と同等に張り合える
サウンドも出せます。
またマルチアンプシステムも背面のプリアウトで容易に構築
できてしまう点も素晴らしいと思います。

追記です。携帯プレーヤ等よりPCオンボード(Vol 41)で
RCA直結させてみて下さい。

>> image line さん

コメントありがとうございます。

確かに調整はほとんどしていなかったので、自分の努力不足もあったかもしれません。
失礼いたしました。
今はもう廃棄してしまっていて手元にないのですが、あれば設定の方を是非試してみたかったところです。

確か再生はDENON DCD-1510を確か光デジタルで接続していた気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)