hycko.blog

昔の記事は上手く表示されないかもしれない。

Aliexpressでのopen dispute事例 – 一部返金編

   

この記事は 134回 閲覧されています

なんだかんだで色々と注文しているAliexpress。
AliExpress.comで中国から通販をしてみた | hycko.blog

最近はアウトドアグッズに興味あるんだけど、Amazonで売っている中華系のアウトドアグッズは、大体はAliexpressで安く売っている。
機械系はトラブルが多いから買いたくないけど、アウトドアグッズとか単純構造なものはついつい買ってしまう。

ここしばらくはトラブルもなかったんだけど、つい最近トラブルに見舞われた。
結果、open disputeを開くことになり、一部返金で終わったので、その時のレポートを書いてみる。

トラブル概要:16ドルで4つセットのコップの1つに凹み

注文から到着は1週間と、かなり早かった。
良いストア選んだなぁと思ったら、商品に思いっきり凹みが。

これが日本のAmazonであれば返品して送り直してもらうところだけど、Aliexpressでは返品の際の送料は基本的には買い手が負担になるルールなので、それは避けたい。
まぁ一部返金が妥当なところかな?と思い、連絡することに。

open disputeをするとショップに悪影響があるらしいので、発送も早かったし先ずはオーダー詳細のチャットにて連絡することに。
まぁそんな気遣いも虚しく、色々とこっち騙そうとしてきてopen disputeすることになるんですけどね。

平気で騙そうとしてくる中国人vs 俺

俺「今日荷物届いたんだけど、商品に凹みがあったよ。(写真添付)」

セラー「それは本当にごめんなさい!3ドルの返金でどうでしょうか?もしそれで満足できなければ、どの様な事でも気軽にご相談ください。」

この時点では、まぁ発送も早かったし、商品も使えないわけでもないから3ドルでいいかなと思った。

俺「OK、3ドルの返金でいいよ。」

セラー「ご理解くださってありがとうございます。それでは返金するので、ペイパルのアカウントを教えてください。」

んー、ペイパルは出金手数料が300円近くかかるからダメだなぁ。

俺「ペイパルは手数料高いから使ってないんだわ、悪いけどAliexpressのシステム使って、支払いに使ったカード決済にそのまま返金してね。」

セラー「すみません、Aliexpressが返金はペイパルでしか許可してなくて・・・。もしくは次の購入時にディスカウントしますよ?」

はい嘘ひとつめ。ペイパルと関係がないAliexpressがそんなルール作るわけがない。
念の為、Aliexpressのライブチャットでサポートにも確認したけど、セラー側でAliexpressで使った支払い方法に返金は可能らしい。

嘘つかれたことにかなりカチンと来たので、次のメッセージを送信。

俺「いやいや、セラーが購入者の支払い方法に返金できること知ってるよ。24時間以内に3ドルをその支払い方法に返金しないなら、open disputeをして本来の1/4の額である4ドル請求させてもらうわ。」

ここでも念の為に二日間待ったけど、返事なし。
open disputeを実行。

セラー「休日で返事が遅れて本当にごめんなさい!問題の解決に向けて、最大限の努力をします!ペイパルのアカウントは持っていませんか!?何か思うことがあれば気兼ねなく教えてください!早急に解決できるようにします!(必死)

なのでdisputeをキャンセルしてください!!!」

同じことの繰り返しなので、スルーをすることに。
すると数時間後

セラー「返事もらえますか?できれば早く返事ください。」

などと図々しく言ってくる始末。

俺「まず最初に、こっちの発言を全部ちゃんと読んでくれ。俺は支払い方法への返金でしか許可しないし、Aliexpressのサポートに確認したらセラーはそれをできるって言質取ってるから。」

すると次はお涙頂戴的な展開に

セラー「お願いなのでdisputeを取り下げてください。disputeにて解決されると、Aliexpressから深刻な悪い評価がつけられてしまうのです。私達のような小さな店には、その悪い評価で閉店させられてしまうほどの影響があります。あなたは良い人なので、この事情を理解してくれると思います。

もしペイパルのアカウントがなければ、次回の注文時にディスカウントします!
どうかdisputeのキャンセルをお願いします。」

などという、よくよく読むと自分の都合しか喋ってないというトンデモなお願いをされた。
本当に中国人とのビジネスは難しいと痛感させられる。

とりあえず、こっちもどんな気持ちだったかを伝えてみた。

俺「発送が早かったのは本当に感謝してる。だから最初にdisputeせずに、チャットで連絡もした。でもこっちの意見を聞かなかったから、不本意ながらdisputeすることになった。

disputeを取り消すことはめちゃ簡単で、こっちの支払い方法に返金してくれれば良いだけ。
disputeがそんなに嫌なら、なぜ素直にそうしないの?

繰り返しになるけど、俺はAliexpressのサポートに、セラーはそれができると確認した。やり方がわからないならサポートに自分で聞いてみてくれ。」

セラー「しかし私達はpaypalでの返金にしか対応していません。Aliexpressのサポートがあなたに伝えたのは、disputeを通じての返金は支払い方法へされるということです。そしてサポートはその際にしか私達にヘルプをしてくれません。次回の注文で値引きをするのでそれで良いですか?とにかくまず、disputeを取り下げてください。」

と、ここでも嘘をついてくる。
disputeの結果に関わらず、セラー側で支払い方法への返金は可能
そして内容が相変わらず自分らのことだけ。

もう相手するだけ無駄だと思ったので

俺「これが最後のメッセージになると思うけど、こっちの支払い方法に返金してもらう以外に、こっちがdisputeを取り下げることは無いよ。dispute中にセラーが購入者の支払い方法に返金できないかを改めて聞いたけど、サポートはできるって言ってるからね。(スクリーンショット添付)」

もうこれで終わるだろうと思いきや、とんでもない大嘘を最後にぶちかましてきた。

セラー「私達はdisputeしてるオーダーに返金はできません、どうかご理解ください。これは弊社の規則なんです。

なので、disputeを取り消ししてくれれば、あなたの望む返金方法に返金をします。
もしそれで返金されなくても、再度open disputeできるので心配しないでください!」

open disputeは1オーダーに1度しかできないので、ここで取り下げると購入者が納得したとして、返金自体がなくなる可能性がある。
もうこいつと話しても無駄だと思ったので

俺「Aliexpressがpaypalでしか返金を許可してないとか、open disputeを再度できるとか、こっちに不利になる嘘を何回もついてるよね?これ以上そういうこと続けるなら、この問題とは別にAliexpressに詐欺として通報して対応してもらうからね。

何回も言うけど、俺は支払い方法への返金しか受け付けない。そっちもその気が無いと思うから、Aliexpressの判断を待つわ。」

セラー「ok」

でチャット自体は終わった。相手の引き際がすごいw
やっぱり情けなんかかけるもんじゃないわと感じた一部始終。

今回のoepn disputeの流れ。セラーは無アクションで約2週間で完了

10/3に4ドルの返金を求めてoepn dispute。
そこからセラー側のアクションは最後まで全くなかった。

10/9にAliexpressから最初の提案。
なんと、返金額は0ドル。

は?と思ってJudgement Detailsにて判断理由を確認。

要約すると
「商品受け取って3日以上経過してるからダメ」
とのことだった。
おいおい、と思ったけど、そこに続けて
「でももし到着から3日以内にこの問題をセラーに相談してるチャットのスクリーンショットがあれば、今から7日以内に提出してね」
とあった。

とりあえず荷物の配送状況で荷物到着となっている日時と、チャットで最初に相談した日時のスクリーンショットを提出。

それから8日後、希望満額の4ドルの返金をするとの連絡がありました。

セラーがもし粘るようなアクション取っていたら、もう少し時間かかっていたのかな?とも思う。

感想:中国人に情けと隙をみせてはいけないのと、Aliexpressでのやり取りは英語の勉強になる

 - AliExpress

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

記事に意見や感想、質問があれば、お気軽にどうぞ~
名前は無記入でもOKです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

実録!aliexpressでのトラブル一覧

※このページは随時更新予定 現在 5/19(注文回数) の確率でトラブルに遭遇 …

aliexpressでLEDのヘッドライトを買ってみた

楽天で買った中華HIDが不調になったので、次は中華から直接LEDのヘッドライトを …

AliExpressでは1つの注文で2回以上の配達に分かれることがある

ちょっとした小物をAliExpressにて注文。 透明色を2つ、黒色を1つ頼みま …

AliExpress.comで中国から通販をしてみた

じわじわと話題になっている、aliexpressという中国の通販サイト。 アリバ …

AliExpressでの満額返金例 – Bluetoothイヤホン編

aliexpressで格安のBluetoothイヤホンを買ったところ、まともに充 …

リモコン型マウス「MX3 Portable 2.4G」の感想と取説

前に知人と、最近はパソコンをテレビに接続して表示させて、そこで映画をみたりするこ …

Aliexpressで買ったLEDヘッドライトにクレームを入れた結果

※追記 交換品も3ヶ月位で片目死んだ。やっぱ中国からの電気系はダメか・・・。 = …