カテゴリー
運動

有酸素運動

体重を減らすのには有効な有酸素運動。
最大の特徴は、「脂肪を燃焼させる」のが目的だということです。
体重を減らすダイエット中の人には、お勧めの運動法です。

その有酸素運動の簡単な解説。

——————————————————————————–

■利点

・脂肪そのものを燃焼させ、除去できる
・体に負担が少ない
・翌日以降に疲労が溜まらない
・簡単

という点が挙げられます。
特に、翌日以降に疲労が蓄積されないため、日常生活に疲労面で影響しないのは
大きな利点だと思います。

——————————————————————————–

■欠点

・時間がかかる(毎日最低30分)
・「毎日」なので、飽きやすい

という点が挙げられます。
毎日続けるということは、かなり難しい点ですよね・・・。

——————————————————————————–

■行う上での注意点

・脂肪が燃焼するのは、動き続けて20分かかるため、最低でも30分は続けて動きたい
・運動強度は、やや負荷がかかるくらいの強度を保ち、一定の強度で運動を持続する

上記のように

・やや余裕のある強度を持続しながら、一定時間以上続ける

ことが大切になります。

——————————————————————————–

■有酸素運動の種類

一般的な運動内容における燃焼効率は以下の通りです

燃焼効率の高いもの順

1.サイクリング(20km/時間)
2.ランニング(134m/分)
3.ジョギング
4.エアロビクス
5.水泳:ゆっくりストローク
6.自転車に乗る(16km/時未満)
7.ウォーキング(平地・94m/分)
8.普通歩行(平地・67m/分)

参考サイト:ダイエット‐運動消費カロリー計算男性用

上記のサイトでは、年齢/体重毎に消費カロリーを計算してくれるので、興味のある人は
現在自分が行っている運動内容がどのくらいカロリーを消費するのか計算してみてください。

特殊なものとして、筋肉が備わっている人の、自重を使った筋トレ全般も
有酸素運動の類に入るらしいです。

注意点として、燃焼効率が高いものほど運動強度が高いので、疲れやすいです。
あくまでも

・やや余裕のある強度を持続しながら、一定時間以上続ける

ことを念頭に置いて、自分にあった運動の種類を続けるのが最適かと思います。
俺は7.ウォーキング(平地・94m/分)を毎日やっています。

——————————————————————————–

さらに専門的で詳しい説明が必要な人は、wikipediaの項目を参考にしてくださいな。
有酸素運動 – Wikipedia

「有酸素運動」への2件の返信

mahalo.さん

コメントありがとうございます。

自分は現在、通勤時のウォーキングしかできてません。
おなかは・・・頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)