hycko.blog

昔の記事は上手く表示されないかもしれない。

AliExpressでの満額返金例 – Bluetoothイヤホン編

   

この記事は 3109回 閲覧されています

aliexpressで格安のBluetoothイヤホンを買ったところ、まともに充電もできない、たまーに充電できても音質が最悪という不良品を見事に掴みました。

やっぱり電化製品を中国から買うのはダメですな・・・。

で、商品説明と違うのでOpen Disputeにて返金を要求することに。
結論を先にいうと、不具合を動画で撮影して訴えたら、全額返金してもらえました。

以下、やり取りをチャット風に紹介。

俺「何時間充電しても充電できないし、たまーに運良く少し充電できても音質が悪すぎる。多分これ不良品だから、返金してください。もしそっちが送料払うなら、送り返すこともできますよ。

店「ハイフレンド!もし商品が気に入らなければ、送り返してくれれば新しいのを再度送るよ!もしくは商品を送り返したくないのなら、半額だけ返金することもできるよ!」

俺「いやいや、送り返して欲しいなら、送料払ってくれれば送り返すよ。だってこれ不具合であって、こっち都合の返品じゃないからね。」

店「ハイフレンド!もし商品が気に入らなければ、送り返してくれれば新しいのを再度送るよ!もしくは商品を送り返したくないのなら、半額だけ返金することもできるよ!」(前と同じ文章)

俺「いや、全額返金してくれ。これ商品の不良だから。」

店「おいどうやってそれが本当に不良品かをこっちが知れるってんだ!?まずは送り返してくれ!そうしたら新しいのを送るからよ!(半ギレ」

俺「だから何回も言ってるっしょ?送料払ってくれたらいくらでも送りかえしてやるよ。もしくは動画撮って送ってやるから、どういうシーンを知りたいか指示してくれよ。」

(相手から返事が来る前に、10分充電して電源をオンにしようとしても反応がない動画を、ノーカットで撮影して送った。)

俺「ほら動画撮ってやったよ。これ10分バージョンだけど、何時間やっても同じ結果だったよ。」

店「OKわかりました、あなたを信じて、全額返金します。ご迷惑をおかけしてもうしわけありませんでした。せめて、ポジティブなフィードバックを残してくれるよう祈ってます。」

その後「The dispute has been accepted」となり、orderのstatusが「Seller accept issue」という形で終わった。

ali_dispute

そしてその後に「The dispute reached an agreement for Order No.xxxxxxxxxxxxxx」というタイトルのメールが届く。
そのメールに返金までは3~15営業日と書いてあった。

返品といえば例えば日本のamazonだと、こちらからの言い分を100%信用して送料着払いで即返品を受け付けてくれたりするから、それと比べると本当に面倒くさく思ったが、もしかしたら日本のサービスが良すぎるだけかもしれないとも思った。

でもやっぱめんどくさかったなぁ・・・。
ちなみにもう1件Open Disputeしてるのがあるので、それも改めて書きます。

 - AliExpress

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

記事に意見や感想、質問があれば、お気軽にどうぞ~
名前は無記入でもOKです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

AliExpress.comで中国から通販をしてみた

じわじわと話題になっている、aliexpressという中国の通販サイト。 アリバ …

aliexpressでLEDのヘッドライトを買ってみた

楽天で買った中華HIDが不調になったので、次は中華から直接LEDのヘッドライトを …

Aliexpressで買ったLEDヘッドライトにクレームを入れた結果

※追記 交換品も3ヶ月位で片目死んだ。やっぱ中国からの電気系はダメか・・・。 = …

AliExpressでは1つの注文で2回以上の配達に分かれることがある

ちょっとした小物をAliExpressにて注文。 透明色を2つ、黒色を1つ頼みま …

実録!aliexpressでのトラブル一覧

※このページは随時更新予定 現在 5/19(注文回数) の確率でトラブルに遭遇 …