hycko.blog

昔の記事は上手く表示されないかもしれない。

CentOS6でPHP 5.6にアップデートできなかった時のメモ

   

この記事は 82回 閲覧されています

最新のwordpressがPHP5.6以降にしか対応していなかった。
VPSのPHPのバージョンが5.4だったのでアップデートしようとしたけど、何故か5.4しか検出できず。

確か以下どちらかのコマンドでアップデートしようとした。

# yum install –disablerepo=* –enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php56 php
# yum install –enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt

remi-php56 を指定してインストールしようとしても5.4になる状態。

レポジトリは最新版に更新した。
# yum update remi-release

でもこれをしても何故か5.4しかインストールされない状態。

結論として、何故かremi レポジトリが自動で更新されていなかった。

/etc/yum.repos.d/remi.repo.rpmnew
↑の内容を
↓に上書き
/etc/yum.repos.d/remi.repo

自分はファイルをそのまま置き換えました。
# mv /etc/yum.repos.d/remi.repo /etc/yum.repos.d/remi.repo_bk
# mv /etc/yum.repos.d/remi.repo.rpmnew /etc/yum.repos.d/remi.repo

これをすると、remi-php56を指定してインストールで無事にPHP5.6がインストールできました。

ちなみにPHP5.4をアンインストールせずに5.6を上書きアップデートしたけど正常に動いてます。

 - さくらVPS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

記事に意見や感想、質問があれば、お気軽にどうぞ~
名前は無記入でもOKです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
coreserverからさくらVPSにwordpressを移植した時のメモ

興味本位でさくらVPS借りて設定してみたら、なんか普通に使えそうだったので、思い …

no image
VPSのSFTP接続でSSLの証明書が期限切れになって面倒くさいので

自分用のなんちゃってSSLの更新が切れた時にSFTP接続すると「有効期限切れてる …

no image
独自VPSでの無料SSL(Let’s Encrypt)の導入は簡単だった

簡単といっても先人のメモをコピペして実行しただけなんですが。 VPS環境はさくら …