カテゴリー
ワイン

ワインが苦手なのにワインを始めてみた

今32歳で、それなりにアルコールも飲んでますが、未だにワインを美味しいと感じたことがない。
むしろ渋かったり苦かったり、逆にあまったるかったりして、苦手だと思う。

ぶっちゃけ、自分にとっては「ワインは不味い」というものです。

けど、よくよく考えたら、本当に不味かったら、ここまで世界中でワインって造られて無いよね。
って思ったのと、久々に神の雫を読み返してたら

「ワインって一歩扉をあけると、実はめっちゃ旨いんじゃね?」

という興味がでてきたため、ワインの美味しさを知るために、結構無理やりワインを始めてみた。

とりあえず知りたいこと

・ワインは本当に美味しいのか
・レベルの高いマリアージュとはどのくらい美味しいものなのか
・神の雫で出てくるワインは、本当に美味しいのか

ワインの美味しさがわかったら、自分のグルメに相当幅ができる気がします。

しばらくがんばってみますわ。

果たして

「理解をしようとしないとわからない、趣味の域の嗜好品」

なのか

「美味しいものは理屈ぬきで美味しい」

のか。

個人的に前者は嫌いなので、後者であって欲しい。
けど、現時点ではやっぱり前者なのかなって思ってたりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)