hycko.blog

昔の記事は上手く表示されないかもしれない。

ソース不要「おつまみたこ焼き」のレシピ

   

この記事は 825回 閲覧されています

たこ焼き、意外と簡単でサクっと作れるのでたまに作ってます。

自分はたこ焼きの具は最低限でOK派なので、自分なりにレシピを作ってみました。

たこ焼きはガスで焼けば早く簡単に作れる

卓上の電気たこ焼き器はダメです、火力が弱すぎて時間がかかる。

自分は電気たこ焼き器だけどガス直火でも使えるものを買ったので、今はガスに直火のみで使ってます。

このレシピは水分多目なので、ガスで焼くことが前提のレシピです。

具はシンプルで味が濃い目なので、ソース無しでも食べれます。
というかソース不要です。好みでマヨつけるくらい。

仕上げに揚げ焼きをするので、おつまみっぽい食感になります。
ビールによく合う!

味の傾向としては、恐らく名古屋のたこ焼きっぽい醤油の味付けだと思う。

おつまみたこ焼きのレシピ

調理時間

材料は混ぜるだけ。焼く時間は10分ほど。

材料

■生地
○たこ焼き粉(小麦粉でもOK) 200g
○水 1100ml
○適当なだし 大さじ1
○鶏ガラスープの素 大さじ1
○醤油 大さじ1
○卵 2個

天かす 60gほど

鶏のささみ 200gほど

おつまみたこ焼きの作り方

  1. ささみはたこ代わりなので、好みの大きさに切っておく。
  2. ○を全てかき混ぜる。最初は水100ml+粉以外の材料を混ぜ、次に粉を全部入れて混ぜ、よく混ざってきたら残りの水1000mlを加えて混ぜる。
  3. たこ焼き器に火をかけ、油を塗る。
    センサーが反応して弱火になったら火を弱火に落とし、1の生地を穴から軽く溢れるくらい入れる。
  4. たこ焼き器の穴にささみを1つずつ入れ、天かすも各穴に1つまみ(大さじ1/2くらい)ずつ入れる。
  5. おおよそ全体が丸くなるように整形しながら焼く。
  6. 仕上げに揚げ焼きをする。
    各たこ焼きの表面にオイルスプレーで1回ずつ吹きかけ、オイルを吹いた面が下になるようにひっくり返してから1~2分放置。スプレーがかかってない面が上になってるので、同じくスプレーでオイルを吹きかけ、下にひっくり返して1~2分放置。
    スプレーが無い場合は上手くオイルを垂らして対応。

補足

  1. 味的にささみが好きだけど、もちろんタコでもOKです。好きな具を。
  2. 最初に少量の水分と粉をかき混ぜることで、満遍なく溶かすことができて、だまにならない。
  3. センサーが無い場合は、キンキンに鉄板を熱してから弱火にしてください。
  4. 具が少ないので生地は多目に。天かすのカリカリの食感が命なので、少し多目に入れるくらいが美味しいです。
  5. 火力が弱ければ少しあげてもOKですが、強すぎるとすぐ焦げるので注意。焦がさないようにしてください。
  6. オイルを表面に塗った状態で1~2分揚げ焼き状態にすると、表面がカリカリになります。
    目安としては、箸か何かでつついた時に「カリッ」としてればOK。
    焼き時間は環境によって変わると思うので、良い時間と火力を見つけてください。
    オイルは好きなものでOK。好きならごま油とかも美味しいです。
  7. 具にキャベツを入れると、中が本当にトロットロのたこ焼きができます。
    水分がさらに増える分、焼き方も難しくなるので、色々と工夫してみてください。

 - 俺の簡単レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

記事に意見や感想、質問があれば、お気軽にどうぞ~
名前は無記入でもOKです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
味濃い目のレバーペースト 1kg のレシピ

バインミー好きは過去に散々いいましたが、バインミーの大切なポイントがレバーペース …

no image
中華風で味濃い目の豚足煮込みのレシピ(圧力鍋)

巷の飲食店でメニューにある豚足は、茹で豚足か焼き豚足ばかり。 でも俺は豚足の煮込 …

そこそこ美味しいバインミーの簡単なレシピとその値段

この前、高田馬場のバインミーを往復2時間かけて買いにいったところ、閉店2時間前に …