hycko.blog

昔の記事は上手く表示されないかもしれない。

今更ながらバック・トゥ・ザ・フューチャーを見た感想

   

この記事は 995回 閲覧されています

bttf

2015年は有名な映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のPart2で未来にタイムトリップをした年として、ニュースで結構取り上げられてました。

この映画は超有名だけど、自分があまり映画と縁がない暮らしをしてたから、実ははっきりとみたことがなかったんです。

で、amazonのプライムビデオの作品リストを適当にみてたらこの作品があって、彼女も超おすすめとのことだったので見てみました。

結論からいうと、おもしろかった!特にPart1が。

練りこまれた設定とストーリーに圧倒されたバックトゥザフューチャー1

細かい部分も含めて設定とストーリーがセンス良く洗練されるわりに、小難しさもなく直観的にサクサクと楽しめる!
という意味で、本当によくできた、すごい作品だと思った。
見ててずっとワクワクしたもんね。

絵で見せるというより、内容で満足させてもらえたという意味で、ホント楽しい映画でした。

この作品と比較すると、最近のテレビ作品とか映画は、やっぱり何か作品に勢いがないというか、わかりやすい楽しさが少ない気がする。

何故かスリル要素が増えたバックトゥザフューチャー2

前作の設定を受け継いで作った映画としては楽しかった。

1は過去で2は未来。
未来をプレゼンテーションされるという要素やマーティが不幸な道を歩んでいるという意外性は面白かった。
1では未来の内容を過去で披露して絶賛されるみたいなのがあったけど、2はゲーセンのシューティングくらいでそういう要素がなかったのは少し残念。

全体的に、1の印象が強かったからか、なんか未来の要素がそこまで印象に残らなかったのと、内容の作りこみがなんとなく甘くて、そこにアクションとかスリル要素で長く尺が取られてたから、なんか味が薄く引き伸ばされた印象を受けた。

1のフォローとして見る分には楽しかったです。

細かいことは気にするなで終わったバックトゥザフューチャー3

2と3はセットで制作するのが決まってたっぽい作り。

3はマーティの成長とドクの恋が新しい要素だった。
そこらの要素があった分、2よりは楽しかったけど、今回は過去だったけど1みたいに未来の要素を使った活躍が少なかったので、そこは少し寂しかったかな。

ドクが「私は科学者なんだから歴史を書き換えてはならーん!」って葛藤しながらも、最後は恋を選んで子どもも作って「タイムマシーンは危険だから壊せ!」ってマーティに託しながらも蒸気機関車のタイムマシーンを再び作るとか、そこらの「大きなことは気にするな!」感の大雑把なアメリカンな感じは、個人的に好きでした。

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

記事に意見や感想、質問があれば、お気軽にどうぞ~
名前は無記入でもOKです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
写真に見える手書きの絵

こういうのが描ける人って頭の中で描いてるものが自分とどう違うのか知りたい。 お絵 …

no image
映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」の感想

確かにブラック会社で環境悪いけど、溜まった鬱憤を社員が大声で吐き出して シーンと …

no image
2009年終わり。

というわけで、12月31日です。 本年も皆様にはお世話になりました。 振り返ると …

no image
最近のリサイクルショップがガメツイっていうか汚い件

引越しの話はおいおいしていくつもりですが、今回一番の予想外の費用だったのが不用品 …

no image
キャシィ塚本

最近、コント番組をめっきり見てないけど、 このキャシィ塚本くらい面白いのがあれば …

no image
楽を求めすぎた結果

元々、少しでも楽をしようという考えから「物事をまとめて消化させよう」という考え方 …

no image
執筆者のセンス

久々に記事のセンスがあるなぁと思った記事を発見したので紹介。 無限そらまめ &# …

このサイトへのアクセス状況を赤裸々に公開してみる

ここ1ヶ月のステータス。 素直なもんで、ブログの更新を再開した直後から、徐々にア …

no image
映画「るろうに剣心」の感想

なつみが佐藤健が好きだしるろ剣が好きだしということで、見てきました。 なかなかア …

マイケルジャクソンの人間性が素敵だという話

King of Popで歌も上手くてダンスも最高なマイケルなんだけど、その人柄も …