hycko.blog

昔の記事は上手く表示されないかもしれない。

このサイトへのアクセス状況を赤裸々に公開してみる

   

この記事は 3190回 閲覧されています

ここ1ヶ月のステータス。

2009年9月~10月のアクセス状況

素直なもんで、ブログの更新を再開した直後から、徐々にアクセス数が上がってる感じ。
やっぱりSEOにとってサイトの更新ってかなり重要だよなぁ。
もっとも、これはブログで投稿の度にping飛ばしてるから、意味合いが少し違うかもだけど。

というわけで、見てもらえたらわかるように、1ヶ月で約17000ページが閲覧されている。1日約550ページ。
直帰率91%、平均サイト滞在時間28秒は、まぁ仕方ない。
このブログ自体、定期購読ではなくて、SEOに力をいれることによって、検索エンジンからの
ユーザを中心に集めてるから、必要な情報だけ見たらすぐ帰っちゃう。
って、もしかしたらブログって今はどこもそんな感じかな。

人気キーワードはwordpressのプラグイン「NextGEN Gallery」、高速バス「旅の散策ツアーズ」、
禁断のダイエット倦怠期突破方法「チートデイ」、メモリユーティリティ「Ramphantom」、
そしてリベットでお困りの方が多いようで「クロックス 修理」がトップ5でした。
特にチートデイが1位になってるのが嬉しい。危険性が伝わってくれると幸い。
自分の意思が弱くて太ったのが原因が人がやったら絶対にリバウンドするからね!

で、心配性の自分は、上記の検索結果へのリンクから検索してさらにこのブログに戻ってくる行為が
クエリ稼ぎのSEOスパムにならないかとかそんなことを考えながら記事を書いたりしています。
 ┗追記:やっぱり心配だったのでリンクは削除した。マイナスにしかなり得ない気がしたので。

しかしまぁ、そんな研究チックな要素を取り入れながらのブログ更新は楽しかったりする。

閑話休題

使用される検索エンジンはGoogleが圧倒的に多く、時点でYahoo。
前の会社でYahooのSEOに効果的だったのはキーワード出現率の調整だったけど、
さすがに毎記事そこまで計算しながら書くのもしんどいので、そこはスルーしてる。
後はやっぱりYahoo!ビジネスエクスプレスを申請してディレクトリ登録してもらわないと、
Yahoo対策の一歩は始まらないのかなぁとかも思ったりする。
できればX-Listing クロスリスティング社のX-reccomend クロスレコメンドにも登録したい所。
多分、この2社に登録するだけで、さらに30%はアクセスあがるんじゃないかなと予想してる。

そうそう、以前にも記事にしたけど、PCと携帯からのアクセス率がほぼ半々なんです。
携帯向けの記事って意識してないのに半々ってことは、いかに携帯ユーザが多いかということ。
携帯SEOも徐々に勉強していかないとなぁ。

まぁなんていうか、こうやってブログが自分の作品として出来上がっていく様は、なかなか楽しいです。

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

記事に意見や感想、質問があれば、お気軽にどうぞ~
名前は無記入でもOKです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
ブログを開設しました

このブログは、友人/家族など問わず、主に自分を知ってくれてる人に向けて公開をしま …

no image
今日のイチゴン

ネットサーフィンをしていて、ふと 「何が嫌いかで自分の価値を高めようとするよりも …

no image
8bitグラディウス

何この疾走感溢れる無職。 不況不況といわれて、いつ自分に何が降りかかるかわからな …

no image
このブログでやろうとしてる、もうひとつのこと

最初に自分の近況などを知らせることで、もっと身近な人に対してオープンになろうとい …

no image
池袋のマルイシティ(丸井)が熱い

池袋といえば百貨店などデパートが多い街として有名。 東口には西武百貨店、ロフト、 …

no image
猿岩石のヒッチハイク

偶然知ったんだけど、Youtubeで全話みることができるらしい。 落ち着いてゆっ …

no image
東京の夜は明るい

大垣に帰省するたびに、改めてそう感じる。 てか、大垣、むしろ荒尾が暗い。真っ暗。 …

no image
映画「るろうに剣心」の感想

なつみが佐藤健が好きだしるろ剣が好きだしということで、見てきました。 なかなかア …

ロゴをつくってもらったよ

なつみに手作りロゴをつくってもらったよ。 よくみると「hycke」になってるけど …

no image
ヘタリアがなかなか面白かった

結構前にネットで話題になったヘタリア。 世界史が舞台で、それぞれの国を人間のキャ …